ブログ|囲碁教室碁円

オフィシャルブログ

基礎手筋について 筋を知り、数をこなして目を肥やし、反復で速度を上げる

こんばんは。囲碁教室碁円の豆腐の角です。

囲碁の本は何をすればいいか。そう言われることがよくあります。

手筋や詰碁をするにあたって基本と書かれたものが相当難しくてびっくりしたと。

はい。これはですねー正直、囲碁界の大きな問題の一つだと思うんですよね。

私の中では問題には二つあります。「基礎」と「基本」です。

基礎は入門から初段までに身につけておきたい手筋。あるいは人によってはそれ以上の人でも足りてない・知らないのが基礎の部分です。

次に「基本」囲碁の基本と言われるものは、基本的に五段以上だと思っておいてください。

基本死活辞典というものがあるのですが、あれが全部きちんとできたら五段~プロ級です。

ただ、書籍にはそういった事は書いてないし、基礎と基本が本によっては「基本」としているけど「基礎」の問題が入っていたり。

うーん統一しないといけないんじゃないか。そう思うんですね。

そうしないと基本があまりにも難しく、こんな事が分からないと囲碁というものは打てないのか、となってしまうんじゃないか。

新規の人は思うんじゃないかなあと。

これはプロの先生たちが、どの問題が基礎としよう、という分別をしていないのがいかがなものかとおもう所でして。

批判しているわけではないのですが、体系的なものを作ることをしてほしいと思うのです。

まあ私がぼちぼち作る予定ではあるのですが(;・∀・)誰も造らないので。

ちなみに基礎だけでも奥が深いし、でも理解できない問題ではない、というのが基礎かなと思います。

手筋はずっと終局まで使い続けます。取る・受ける・連絡・接近戦・捨てる・ヨセ……すべての要素に手筋が絡んでいます。

なので強くなるには

より多くの手筋を知ること。

そして反復し、読みを速やかにすること。

この二つがもっとも効果的であり、即効性があります。

私は書籍にも一つの本を集中して繰り返し読むようにお伝えしておりますが、

手筋や詰碁などの本は数多くのものに目を通すことも大事です。

それがあなたの碁を豊かにするでしょう。

とにかく多くの手筋に触れてみましょう。

意外と軽視されがちなのはヨセの手筋。ヨセの手筋は総合力がつきますし、ヨセ以外の所でも有効に応用が効くのでオススメです。

是非取り組んでみてください。

ブログランキングやっています。ここをクリックで応援お願いします。

囲碁は上達したいけど、やるべきことが見えない人に。

こんにちは。囲碁教室碁円の豆腐の角です。

囲碁のレベルアップには、必ず自分が今どういう勉強をしてどう学べばいいのか。

というのを考えていく必要があります。

好きな事がある人はわかりやすいですね。攻めが好きなら攻めを伸ばす方針で、戦わずして勝ちたいなら戦いをかわす打ち方を磨いて、形勢判断やヨセを磨いて終盤力を磨いていったり。

ただし、まだ始めたばかりの人、あるいはある程度打てるけど、自分が何をすればいいのかわらない人。やっぱりいます。

一番は好きな事を見つけて、それを勉強していくことが一番の方針だと思います。

が、何が好きなのかもわからないという方も、やっぱりいらっしゃいますよね。

囲碁あまり好きじゃないけど、とにかく勝ちたいっていう人もいますから。

そういう方は一度無料相談をお受けください。mailにて棋譜を簡単に見させていただいてお話をきいて、お答えさせていただきます。

無料相談は、予約/お問い合わせより。必須の項目を適当に埋めていただいてお送りください。

19路入門の方はまず序盤の打ち方をクリアにしましょう。

定石を絞って覚えてそれを使うところから。

入門の方は広さになれていません。なので広さを埋める定石、布石をまずは覚えるところからはじめてほしいのです。

中盤に入れば原始的な力が求められますから、盤面の広さでのハンディは埋まります。

ブログランキングやっています。黄色字クリックお願いします。

 

基礎手筋の習熟度で出来るようになること。

 

こんにちは。囲碁教室碁円の豆腐の角です。

今回は基礎の手筋の習熟度を上げることが如何に大事か、というのをお話したいとおもいます。

まずこの局面をみてください。黒番です。白□は欠陥があります。

手筋を放ち白地に侵入しましょう。

Baidu IME_2020-3-28_17-37-42

まず黒1は手筋もなにもありません。一番最初にこれを発想した人は基礎手筋が足りないと言わざる得ません。( ̄◇ ̄;)

 

Baidu IME_2020-3-28_17-38-10

 

 

 

黒1が正解。
Baidu IME_2020-3-28_17-39-1 

左図白2なら黒3~5で侵入成功。右図も然り、右から2は3の切りからあたりの連打で侵入解決です。

Baidu IME_2020-3-28_17-39-43 Baidu IME_2020-3-28_17-40-42 

これは下図の基礎手筋割り込みからの応用にすぎません。

テーマ図は、直接石を取る問題ではなく侵入なので厳密におんなじではありませんが、一つの手筋を深く習熟することによって
テーマ図のような局面ですんなり筋を発見解決することができます。

Baidu IME_2020-3-28_17-42-12

ブログランキングやっています。一日一回URLポチッとお願いします。

https://blog.with2.net/link/?2028627

囲碁教室碁円10分プロジェクト プロの碁ハイライト

こんばんは(n‘∀‘)η今回はYouTubeにて10分で学ぶプロの碁ハイライトをお送りしました。

10分で学ぶ囲碁シリーズを動画にてお送りしていきます。画像クリックで動画に飛びます。

YouTube Preview Image

今回は彦坂九段と鶴山九段の一戦。

ベテランと若手のぶつかりあい。

彦坂九段は筋の良さとサバキ・シノギに定評のある打ち手。軽妙な打ち回しを学んでみましょう。

すべて理解することはできなくても、なんとなく感じられるところがあればOKです。

↓ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとおねがいします。

 https://blog.with2.net/link/?2028627

 

 

 

囲碁の問題の取り組み方~簡単な詰碁を解いて処理速度を上げよう。

 

こんばんは。囲碁教室碁円の豆腐の角です。

囲碁のレベルアップには簡単な詰碁や手筋の問題を繰り返しやることが必須です。

ただし、闇雲に解いていても効果は薄いでしょう。目的を意識して何のためにするのか、を心がける必要があります。

私の中で詰碁や手筋の問題で以下の三つを意識しています。

 ①簡単な手筋の発見能力のスピードを上げる。

Baidu IME_2020-1-10_2-43-53

 

私は不器用なのでこれらのどれか一つに絞って問題に取り組みます。また絞ることで効率的に学ぶことができます。

①の手筋を発見する力をつけるなら、とにかく詰碁や手筋の初手だけ当てにいきます。初手には手筋発見能力が求められる問題がほとんどだからです。

初手だけを見つけたらどんどんページをめくりましょう。最後まで読む必要はありません。とにかく初手だけをとにかくスピードと数をこなしましょう。

5秒以内に初手を出しましょう。間違えていても構いません。初手の答えだけ見て次へ。 そうすることで効率的に発見能力が磨かれます。

 

 ②読む力を鍛える。

Baidu IME_2020-3-22_0-46-36

 

読むとなったら時間がかかってもいいので、簡単な問題の一問をとことん読み尽くしましょう。正解手段をみつけても「相手がこうきたら?」と対応手段すべてを検証しましょう。また失敗手段についても様々な筋を考えましょう。そうすることで対応能力と相手の手段を考える癖がつき、読みの総合的質があがります。

ただしこれも最終的にはスピードを意識しつつ質の高い読みを維持できるように心がけてみましょう。

 

 ③少ないエネルギーで読めるようにする。

最後なんですが、そもそもなぜ詰碁が必要なのか。部分的な問題で実戦にそこまで同じ形に出会うことがないではないか、と思われるかもしれません。

PCで例えてみましょう。昔のPCと今のPCでは大きな違いがあります。それは何でしょう?

それは処理速度です。

簡単な立ち上げ一つとっても、昔のパソコンだと3分、5分、かかることもざらだったのが、現在は数秒単位。

詰碁や手筋が早くできるようになること。これは処理速度を上げることになります。

今まで5分、10分かかって正解できたところを数秒で正解できたら?

もっと盤面の大事なところに意識を傾ける余裕ができますよね。

処理速度を上げることは全体の質を高めることにつながるのです。

だからこそ簡単な問題の処理能力をあげることは、囲碁全体の質の向上、基礎体力の向上へと結びついてきます。

これはどんなにAIが発展しても、手法が発展しても変わらないでしょう。

つまり、詰碁や手筋がそのままできるから詰碁や手筋をやるわけではなく、(もちろんそういう意味もありますが)処理速度をあげることで全体のレベルアップが測れるから、簡単な問題をやりましょうということが本当に大きいのです。

5級の詰碁を処理するのに10分、20分かかっていては、形勢判断にエネルギーを回せません。作戦にエネルギーを回せません。

問題を初めて見た問題、最初はそれくらいかかってもいいです。でも最終的には処理スピードをあげることを意識しましょう。繰り返し何回もやりましょう。

繰り返すことでしか人間は処理速度をあげることはできません。

仕組みと理由がわかれば、あなたは前に進めると信じています(n‘∀‘)η

ブログランキングやっています。一日一回↓のURLクリックおねがいしますm(_ _)m

https://blog.with2.net/link/?2028627

 

明日3月22日は楽人生放送です(n‘∀‘)η

こんばんは!

明日の3月22日20時からは!YouTubeにて楽人ちゃんねるです!

これぞプロ!厳しい一手から学んでいきましょう!

下記URLより見ることが可能です!(*´▽`*)

よろしくお願いいたします

囲碁上達のために。正しいヨセだけが正解とは限らない~終盤は心のぶつかり合い

こんばんは。豆腐の角です。

囲碁は序盤の無限な広さと個性、中盤の石のぶつかり合い……

そんな華やかな中で終盤というのはなんとも地味で敬遠されがちです。

計算と最善だけ、そこに個性もなく大きな変化がなくて面白くない。

しかし本当は一番勝負が揺れ動くのが終盤であり、終盤が強い人が碁の強い人と言われています。また終盤は勝負のドラマがとても多い分野で少しわかりだすと面白くみえてきます。

 

 

それに終盤は序盤よりも手数が長い。150手あたりからヨセに入る碁や、碁によっては100~130あたりでもヨセに入ることがあります。そこから50手、80手。意外と長いんです。

 

勝負の六割を決めてしまうといっても過言ではありません。

序盤で優位を掴み、中盤で優位を維持。

 

この優位を如何に維持し終局までゴールを決められるかが勝負をもっとも決める力といって過言ではありません。

「優位」は「勝った」ではないのです。

 

 

どんなに形勢が良くても、終盤の締めが悪いと逆転をくらいます。そして終盤がもっとも石が混んでくるため事件が起きやすいのです。

 

 

もしあなたが形勢20目いいとして、終盤で少し緩んで10目詰められました。あなたは終盤が苦手です。そんな状態だとあなたの精神状態はもうパニック。

 

ミスを連打して逆転負け。そして決め台詞は「ああ~中盤まではよかったんだけどなあ」です。

いやーこれ実は私もそうだったんですよ。だから皆さんの気持ちは痛いほどわかる。(;・∀・)

 

終盤での考え方は単に最善のヨセを打てばいいというものではありません。

優勢なら優勢を如何に維持するのか。ドライにどんどん形を決めて、自分が間違える可能性のある「マギレ場」を消していくことです。

逆に形勢が悪いなら相手の計算を狂わす力が求められます。

 

つまり形を決めないように心がけ、不安要素・不確定要素を作ることです。

 

不安要素や不確定要素ができると人はどうなるでしょう?今の日本社会がそれを教えてくれています。

 

コロナという謎の感染症から起こる不確定な情報の交錯。それによるデマが人々を買い占めや様々な人災を起こしてしまっていますね。

 

 

不確定かつ不安要素が多くあり、答えが見えない状況になると人は間違える可能性が高まります。

 

優勢だとあなたはその優勢を守りたくなる。だから不確定要素をつぶすのが王道ですが、しかし不必要な守りを入れてしまうと、そこで数目単位のロスが起きます。

 

それが積み重なると「ああ、もう間違えられない」というプレッシャーがかかります。

級位者の方は不必要な手を打ちがちで、20、30目が終盤で逆転されるなんてことも全然あります。

そういう攻防、心のぶつかり合いがもっとも起きるのが終盤なのです。

もしあなたに個性がないなら?終盤を磨くことをオススメします。

ブログランキングやってます。一日一回ぽちっとクリック応援お願いします。https://blog.with2.net/link/?2028627

コロナ被害の影響がひどい(´;ω;`)

こんばんは~豆腐の角です。

いや~まいりましたね。コロナ(´;ω;`)感染症として怖いのはもちろんなんですが、

私たち囲碁業界の人間は個人事業主の人が多いです。

つまりはコロナ休業という今、対面指導に力を入れていた教室や碁会所は大打撃です(´;ω;`)大会イベントも多くが中止になりましたしね。

うちも例外ではなくほとんどの対面指導がキャンセルとなりました。

その代わりネット指導が増えたんですけどねー(;・∀・)本当にありがとうございます。

少しずつブログも復活させながら、私も体調を回復させていきたいとおもいます。

え?

大丈夫ですよ花粉症です゚(;・∀・)

めがーめがー

ってなってますヾ(´▽`)w

コロナの影響もあり書籍第二弾の進行が遅れております。

なんとか五月出版には間に合わせたいとおもっています(´;ω;`)がんっばれわい!

こちらをクリックで応援よろしくお願いします!https://blog.with2.net/link/?2028627

 

 

盤面の最善・あなたの最善

こんにちは。豆腐の角です。

ずいぶんとご無沙汰の更新になってしまいました。ええ余裕が全然なかったです(;´д`)

コローナ・ウイルス氏のおかげで対面でのお仕事が中止になり、最近もっぱらネットのみのレッスンばかりになっている豆腐です。

囲碁教室碁円の強みはネットレッスンですので構わないんですけれどね(;´д`)

さて、仕事以外でも自分の強みをもつことは凄く大事です。ええ当然囲碁も自分の強みを理解していれば、それが持ち味になり武器になります。

盤面での最善は、あなたの武器と合わない時があります。

たとえばその局面の最善は相手を全力で潰す事だとします。しかしあなたの持ち味は地を得て最後に残す力がある。戦う力がすごく弱い。

それでもあなたは盤面の最大を求めて戦いにいくのか?

そんな必要はありません。もちろんプロになる、世界最強を目指すなら、話は変わってくるかもしれませんが。

序盤から終局までのプランを大雑把でも持って対局をしたことはありますか?

どこで勝勢を勝ち取るか考えたことはありますか?

勝ちパターンや負けパターンは把握していますか?

あなたの最善のゲームプランを考えて戦っていきましょう。それは序盤から終局までを通してどう戦うのか。打つ前にある程度決めておくのをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

囲碁のAIを使った学習方法はオススメか?

 

こんばんは。豆腐の角です。

昨今は囲碁AIがプロ棋士を上回る時代になってしまいました。私が子供の頃には考えられないようなスピードで人工知能のレベルがあがったんですね。

しかもそれが無料で提供されるという自体に。

AIを作り出しているのは人間なので、科学的な分野での天才が一人現れば、これは考えられたことではあるのですが……

今の時代、誰でも囲碁のAIを使って評価値を出して研究することができるようになりました。

プロ棋士はこれらを活用してものすごいスピードで今若手が伸びています。

女流棋士では上野あさみさん、男性棋士では名人の虎丸さんがその代表です。

今後、AIを使った学習はプロ棋士・院生・それらを目指す子供たちにとっては必須のものとなるでしょう。

しかし、現在のAIは勝率の高い手は教えてくれますが、理由を教えてくれません。

プロ棋士や、ある程度の打ち手であれば、着手をみて自分たちなりの意味や理由を肉付けることが可能なため、勉強にはかなり有効です。

しかし一般的な入門・級位者では使いこなすことは難しい人が多いと思います。

そのうちAIの進化でより級位者にもわかりやすいものが出るのかもしれませんが、まだそれは先のことになるやもしれません。

囲碁の棋理(基本的な考え方)を身につけていないと理解が難しいのです。

入門者・級位者が小学生だとすると、AIの考え方は外国の大学教授の講義レベル・それを小学生が聴いているようなものです。

それってかなり大変だと思うんですよね。もちろん評価値でるし、理解できるところもあるとは思いますが、なかなか読み砕くのに時間がかかるかとおもいます。

なので入門・級位者の人にAIはあまりオススメできません。また使うにしてもレクチャーをする講師がついていなければなりません。

これは段位者でもそうです。

私の中でAIが有効になるのは、最低でも五段以上のレベルです。

どういう使い方をするのか、という所がより確立できるのであれば全然行けるとは思うのですが(;・∀・)なかなかまだまだ黎明期というふうに感じる次第です。

しかし今後はより発展し、進んでいくものとおもいます。Googleさんが撤退したので囲碁AIを活用した学習方法の確立についてスピードが落ちるかとは思いますが、それでも時間の問題かと思います。

今はしばしまったほうがいいかもしれませんね(;・∀・)

ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとURLクリックお願いします。↓

 https://blog.with2.net/link/?2028627